宝来館

【チェックイン/チェックアウト】15:00/10:00

【住所】〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町20-93-18

【電話番号】0193-28-2526

【ホームページ】http://houraikan.jp/

【女将のブログ】「かぁーちゃんず日記」http://houraikn.cocolog-nifty.com/blog/

*訪問した学生の声*

【2012年9月25日のインタビューの概要・わかったこと】
インタビューを通して、緊急時の避難所にもなる多目的イベント会場と新宿舎の建設や宝来館の周り
のまちづくりに関する女将さんのビジョンを伺いました。津波によって亡くなられた人の多くは高齢者
や身体障害者だったので、「まずは津波が来るまでの15分の間にそのような人でも迷いなく逃げられる
避難経路を作りたい」と女将さんはお考えでした。また、緊急時以外には避難経路付近の空間で演奏会
や講演会等のイベントを催せるようにすることで、多くの人がその場所を把握できる仕組みを作ろうと
していました。

【感想】
以前、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(略称=全旅連)と日本学生観光連盟が共同で行った
「若旦那・若女将プロジェクト」というインターンシップに私が参加をした際、ある旅館の若旦那が
「旅館は地域のショールームである」と表現していました。宝来館の女将さんは「海外の人達も訪れる
場所にしたい」という夢や、地域住民と共に観光業を盛り上げる様々なアイディアを持っていました。
震災前に宝来館で行っていたグリーンツーリズムが、そのアイディアを踏まえてより良いものに生まれ
変われば良いなと思います。また、資金面での問題が大きいために復興までには時間がかかりそうです
が、これからは被災時のことを教訓として人々に伝える取り組みを含めたまちづくりができれば良いの
ではないかと思いました。(齋藤)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中